realme, スマートウォッチ最新情報

realme Watch 2がシンガポールのIMDAで認証。アジアでの発売が間近!

realme は realme Watch 2 の発売に向けて準備を進めているそうです!

realmeのスマートウォッチ専用アプリ、realme Link Appですでにrealme Watch のデバイス名が登場しており、先日シンガポールのIMDAで認証を取得したことから、アジアでの発売が間近に迫っていることが伺えます!

FCCで発見されたrealme Watch 2 のレンダー画像がこちら!

realme低消費電力、近距離デバイスという機器がシンガポールのIMDAデータベースにあることがMukul Sharma氏によって発見されました。

これがおそらくrealme Watch 2を指しているのでしょう!

モデル番号はRMW2008で、Bluetooth接続のスマートウォッチとの記載があります。

 

さらに同じモデル番号を持つ realme Watch 2 がすでに米国の FCC のリストに登場しています。

FCCの情報によると、realme Watch 2は1.4インチTFT液晶パネルを搭載するという。思い起こせば、同社の最初のスマートウォッチは昨年realme Watchとして発売されましたね。

ディスプレイサイズは同じで、スクエア型タイプでした。いずれにしても、「realme Watch 2」のディスプレイも同じ320×320ピクセルの解像度を持つことになりそうです。

しかし、realme Watch 2は、寸法が若干異なり、前作の256mmx36.5×11.8mmと比較して257.6×35.7×12.2mmとのことです。

同様に、realme Watch 2は、realme Watchの160mAhとは対照的に305mAhのアップグレードされたバッテリーになるそうです!

バッテリー持ちがどれくらい伸びるのか気になるところですね!

これとは別に、realme Watch 2は、おそらくBluetooth 5.0対応となり、Android 5.0+デバイスと互換性のあるrealmeリンクアプリをサポートするようです。

 

さらにはIP68の防塵防水対応、血液酸素(SpO2)と心拍数モニタリング(PPG)、睡眠記録、ワークアウト&瞑想モード、音声通話&アプリの通知、メディアコントロール、その他複数の機能も搭載されるようです!

 

前作が2020年5月頃に発売されたことを考えると、公式発表まであと1ヶ月を迫っていそうですが、公式のニュースに期待ですね!

 

One thought on “realme Watch 2がシンガポールのIMDAで認証。アジアでの発売が間近!

  1. tekito5 より:

    出たらレビュー期待してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。