Amazfit, スマートウォッチ最新情報

Huami、「Amazfit GTR 2 LTE」を発表!!!

昨年Huamiが発表した「Amazfit GTR 2 」は、心拍測定や睡眠分析だけでなく、コロナウイルス対策にもなる血中酸素飽和度の測定や、本体に音楽を保存することができるAmazfitシリーズのハイエンドモデルでしたが、今回、新たに「Amazfit GTR 2 LTE」というモデルがグローバル発売されることになりました!

Amazfit Global公式Twitterアカウントでは、発売に先立ち、製品紹介動画を公開しました。この動画では、4G接続、90種類のスポーツモード、オンボードストレージなど、このスマートウォッチの主な機能が紹介されています。

 

 

Huamiは、このスマートウォッチの発表時期をまだ明らかにしていませんが、近いうちに発表されるはずでしょう。

Amazfit GTR 2 LTEと通常版の違いは、LTE eSIMの追加だけではありません。中国で販売されているバージョンでは、標準バージョンの471mAhのバッテリーに対して、338mAhとバッテリー容量が小さくなっています。これは、eSIMを搭載するためにバッテリーのサイズを小さくしたものと思われます。この2つの違いを除けば、その他のスペックは同じです。バッテリー持ちが何日間なのかはまだ定かではありません。

1.39インチのAMOLEDスクリーン、NFC、2.4GHzのWi-Fi、Bluetooth 5.0、睡眠トラッキング、血中酸素濃度測定などが搭載されています。Amazfit GTR 2 LTEは、発売時にはAmazon Alexaにも対応しているはずです。

気になるポイントは発売時期と値段、あとはバッテリー持ちがどれくらいなのか?ですね。日本で公式展開されるのかも注目です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です