Samsung, スマートウォッチ最新情報

Samsung Galaxy Watch 4 Classicの360度レンダリング動画がリーク!

サムスン系のリーク情報を発信している有名リーカーのEvan Blass(@evleaks)が、8月に発売される予定のSamsung Galaxy Watch 4 Classicの動画を公開しました。この360度動画は、次回発表される新作がSamsungのTizen OSではなく、AndroidベースのWear OSを採用したスマートウォッチであることを裏付けています。

 

 

このGalaxy Watch 4 Classicの動画では、円形のスーパーAMOLEDディスプレイ、回転ベゼル、取り外し可能なシリコンストラップ、そしてLTEバリエーションのモデルが含まれる可能性が高いことが示されています。Watch 4 Classicのカラーオプションは、ブラック、シルバー、ホワイトの3色、ウォッチカバーは2色が用意されているようです。

pic.twitter.com/fDW11VX19s

– エバン・ブラス (@evleaks) 2021年7月4日

Galaxy Watch 4 Classicには、加速度計、気圧計、ジャイロ、、GPS、心拍計、睡眠トラッカーなど、さまざまな機能を搭載しており、247mAhのバッテリーを搭載しています。また、Galaxy Watch 4 Classicは、IP68の防塵・防水性能を備えており、特に屋外での使用に適した機能となっています。また、Bluetooth 5.0、Wi-Fi、Qiワイヤレス充電にも対応します。

先に述べたように、サムスンの新しい「Galaxy Watch 4」のラインナップは、Wear OS 3.0を採用し、機能性とアプリへのアクセスが向上しています。また、ユーザーはより多くのウォッチフェイスを利用できるようになり、デバイスのバッテリー性能も最適化されています。

SamsungとGoogleがタッグを組んだ初の新世代Google Wear OS、非常に楽しみですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です